元衆議院議員 うさみ登 うさみのぼる

  • twitter
  • Facebook

政策

Policy

地域医療日本一を目指して!

  • 病院探しのための救急車内での待機時間を激減させるため、「救急救命センター」を充実するなど、救急患者をまず磐城共立病院が受け入れる仕組みをつくります。
  • 医師確保のため、奨学金制度を強化します。医師免許取得後、いわき市の救急救命センターで働く予定の学生を特に優遇します。
  • 陣痛が起きた時の母体搬送車を導入するとともに(県内初)、産前産後ケアを充実させるなど、出産・子育て環壌の整備を徹底します。
  • 工事中の共立病院の設計を一部改善し、安心の医療体制を構築します。
     1. 膨らみ続ける建設費用と今後予測される赤字運営の是正のため専門家会議を立ち上げます。
      一方で最新病院として期待される設備を充実させます。
     2. 共立病院の運営を市民・患者・医療スタッフの視点で民間委託を含めて抜本的に見直します。
     3. 患者さんの立場に寄り添った医療サービスを提供し、働くことに誇りが感じられる病院づくりを目指します。
  • 住み易いいわき市にするため、健康保険料金の減額を推し進めます。
  • 子どもはもちろん、大人に対しても食育を充実しで肥満と闘い、健康寿命を延ばしていきます。
  • がん対策や予防医療のため、各世代における健康診断受診率を高めるなどの施策を充実させます。
  • ポランティア活動に加え、特定の健康診断の受診もポイントの対象とした介護支援ボランティア・ポイント制度を導入します。

女性と子供が輝く街に!
市民の生活を豊かに!
高齢者・障がい者を応援します!

  • 学童クラブの増設や放課後子ども教室との一体化、「ラト勉」学生たちの勉強スペースの増強など放課後の健全な居場所を増やします。
  • 各種スポーツ施設の充実やいわきFCのスタジアム建設の支援を図るなど、子育て・予備医療・地域振興の視点でスポーツ振興を強化します。
  • 女性・高齢者・障がい者のみなさんが活躍できる社会を目指し、施策・環境づくりを進めます。
  • 民間企業から営業や経営の専門人材を市役所に迎え入れ、県外企業の誘致や地域産業の育成・競争力強化を図り、雇用の拡大を進めます。
  • 大小にかかわらず地元企業を徹底的に支援します。例えば小中学校の体操蒼を地元にあるブランド製にしたり、公共事業で地元企業を優先する等の施策を推進します。
  • 支所機能の充実を含む機構の見直しを行い地域での政策実現力を強化します。
  • 国会議員としての経験・人脈を活かし、政府機関と連携して、いわきの産業開発・道路・港湾の整備計画に取り込んでいきます。
  • 好間で行われている(独)農研機構の「トルコギキョウの水耕栽培」の技術を市内農家が共有して産業化するなど収益率の高い農業の実現を目指します。
  • 磐城平城の再建を検討するとともに湯本や市内の温泉・宿泊施設と、いわき・ら・ら・ミュウや白水阿弥陀堂等の観光拠点間の回遊ルートを整備して、観光コンベンション都市・いわきを内外にアピールします。
  • 植田駅に特急が最低でも1 便は停まる事、四ツ倉駅などのSuica対応改札機の設置、いわき・東京間を最短2時間の運行便をつくるようJR東日本と本格的に交渉します。
  • いわき市総合計画を全面的に見直すとともに市街化調整区域の見置しなどを行い活気あふれる未来のいわき市づくりを推進します。
  • 福島第二原発の廃炉を国・東京電力に強く要請していきます。